会社概要

会社概要 株式会社insprout (インスプラウト) / insprout Corporation
役員 代表取締役社長 三根一仁
取締役 正生 貴史
取締役 米田 佳孝
取締役 戸高 修
設立 2006年1月11日
資本金 49,000,000円 (資本準備金 30,000,000円)
事業内容 インターネットサービス事業
システム開発事業
インキュベーション事業
資格・免許 職業紹介事業許可 労働大臣許可番号 13-ユ-301725
ISO/IEC27001 認証番号3467941
  • ISMS ISR018
  • ISO27001 BUREAU VERITAS Certification
所在地 東京都港区麻布十番1-5-10 アトラスビル8階(Google Map

東京メトロ 南北線・都営大江戸線 麻布十番駅7番出口 徒歩3分

情報セキュリティー基本方針
プライバシーポリシー

インターネットサービス事業

弊社で提供するインターネットサービスの一覧

Original Stich

OriginalStitchは200種類以上の生地・スタイル・デザイン・カスタマイズを組み合わせることにより、10億通り以上のシャツをオンラインでカスタムオーダーできるサービスです。
シャツの製造・縫製は日本の工場で行い、高い品質をお手頃な価格で提供しています。

pocketer

写真やイラストを使い(1枚1枚変更OK)3ステップで名刺デザインできるサービスです。
日本初!FRISKサイズのmini名刺pocketer(ポケッター)は、「出会うこと、人と話すことの楽しさ」「自分を知ってもらえる 嬉しさ」に少しでも触れられるお手伝いをします。

Pikbo

Pikbo

撮った写真を、簡単に楽しく加工・デコレーション!『Pikubo(ピクボ)』は、そのままコメントを加えてfacebookやtwitterなどのSNSに簡単に投稿できる無料アプリ(全フィルター、全フレーム完全無料)です。
『Pikubo』は、androidアプリ以前に、Web版 と Blackberryアプリを運営しており、登録ユーザー数が20万人を超えるサービスです。

お笑いラジオ Podcast Player

お笑いラジオ Podcast Player

お笑い芸人のポッドキャスト(Podcast)250番組が聴き放題!番組表から楽々視聴&ダウンロード!
放送回毎のレビュー機能で視聴前に面白い回のチェックが可能!
お笑いラジオは、番組表から簡単にポッドキャストがダウンロード出来、いつでも、どこでも、無料で好きなだけお笑いが楽しめるポッドキャスト(Podcast)プレーヤーです。

システム開発事業

IT領域でのインキュベータの知見を活用し、主にコンシューマ向けの、スマートフォンアプリ、WEBの開発に強みを持ちます。
企画、開発、運用、保守まで一括したサービスの提供が可能です。

LikeCamera

LikeCamera - NTTレゾナント株式会社様

あなたの写真を一発でプロのような写真に自動補正してくれるカメラアプリ。540,000ダウンロード突破!カメラランキング2位

Download on the App Store

ぱちタウン

ぱちタウン- 株式会社DMM.com様

DMM.comがお届けするパチンコ・パチスロ解析情報や全国店舗情報などの総合情報アプリ

iOSAndroidweb

社員向け健康管理アプリ- 株式会社ローソン様

食事、運動、体重等の健康管理アプリ

AndroidiOS

キャンペーン用カメラアプリ- Tokyo Otaku Mode Inc 様

オタクカメラキャンペーンアプリ Ora2 KAWAii Camera

AndroidiOS

Filicaロックアプリ- ソフトバンクモバイル株式会社様

端末のセキュリティアプリ

Android

@cosme クチコミバーコード検索- 株式会社アイスタイル様

@cosmeのバーコードによる商品・口コミ検索アプリ

Android

モデルプレス

モデルプレス- 株式会社ネットネイティブ様

ガールズニュースサイト「モデルプレス」のメディアアプリ

Live to Go

Live to Go- 株式会社 TBSラジオ様

ライブコンサートの音源持ち帰りサービス

web

トイストーリーマニアキャンペーン- 株式会社オリエンタルランド様

2012年7月OPENのトイストーリーマニアのキャンペーン用サイト構築

web

社内業務管理システム- 株式会社バイク王&カンパニー様

中古車販売システムサービスの社内管理システム構築・運用

web

@cosmeキャリア- 株式会社アイスタイル様

@cosmeの求人サービス開発・運用

web

インキュベーション事業

シード・アーリーステージのベンチャー企業への投資、支援を行います。

NOTA, Inc.

NOTA, Inc.

世界で最も利用されているスクリーンショットの共有ツール「Gyazo」等、インターネットで世界中の人がコンテンツを作ったり発信することを支援する、クリエイティブなサービスを開発する企業。

株式会社Cerevo

常に革新的な「インターネット接続と融合した」家電の企画、開発、販売

株式会社gumi

株式会社gumi

全世界に向けたソーシャルゲームアプリサービス提供企業

ビヨンド株式会社

ビヨンド株式会社

Android、iPhoneでのスマートフォンアプリ企画・開発

株式会社ハイパーインターネッツ

株式会社ハイパーインターネッツ

国内最大のクラウドファンディング型のプロジェクトプラットフォーム「Campfire」の運営

株式会社ハンズシェア

株式会社ハンズシェア

建築会社マッチングプラットフォームTSUKULINK【ツクリンク】の運営

WillVii 株式会社

WillVii 株式会社

ソーシャルメディアマーケティング、Facebookマーケティング、CGM運営

グレイトフルデイズ株式会社

グレイトフルデイズ株式会社

インターネットサービスを通じて「笑顔咲く」新たなコミュニケーション空間を創造するベンチャー企業

株式会社ABEJA

オフラインデータとオンラインデータを統合したビジネスプロデュース事業

株式会社 nana music

音楽を通じた様々な共有体験を提供する音楽サービス"nana"の開発・運営。

メンバー紹介

三根 一仁

代表取締役 三根 一仁

東京大学法学部卒業。大学在籍中に(株)ジョブウェブ、(株)シェイク等、数社のインターネットベンチャー企業の立ち上げ、企業買収を経験。ソニー株式会社入社。ビデオ事業の経営企画/事業戦略に従事し、VHSの撤退戦略、Cocoonブランドの立ち上げ、スゴ録ブランドの立ち上げ等を経験。現在、多数のITベンチャー企業との強固なネットワークを構築しており、数社の取締役に従事。ITベンチャーCTOネットワーク「WAZA」主宰。

正生 貴史

取締役 正生 貴史

中央大学大学院理工学研究科修了。アクセンチュア株式会社入社。同社では主に通信・電機(半導体、PC)・メディア産業のコンサルティングに従事。主に事業戦略・サービス戦略の策定を中心に、組織・人事改革など含めたオペレーション導入から、事業化後のROI評価まで深く企業の変革に携わる。数社の新規事業立上げ・企業統合に関わる業務経験を持つ。現在は、企業における新規事業創造のメカニズム構築と実行支援を中心に取り組む。

米田 佳孝

取締役 米田 佳孝

慶応義塾大学経済学部卒業、慶応ビジネススクール修了。日本IBMおよび米国IBM勤務。ハイテク・ベンチャー企業のパートナーとしてマーケティング部門を構築運営。その後大手ハイテク素材メーカーの新規事業の立ち上げ運営を長期に渡ってコンサルティング。ファッション分野のマーケティング企業を創業。20年以上に渡り社長としてブランド・ビジネスを中軸においた企業経営を実践。これまでの設立企業数は10社超。起業、企業買収・売却、清算等を当事者として、多くの失敗と成功を体験。現在は、ベンチャー経営者のメンタル面まで含めた総合的な起業支援に取り組む。

戸高 修

取締役 戸高 修

慶応義塾大学大学院経営管理研究科 修了 (MBA)。Sonyに入社。総合企画室・事業戦略チームに配属。グローバルの事業再編、地域戦略、ニュービジネス、M&Aの策定に携わる。米国と欧州に赴任して、各地域の事業・組織のリストラクチャリング、新規事業の立ち上げ等に従事。本社帰任後もM&Aを含む戦略業務を遂行。Sonyを退職後、CISを設立。ホストコンピューティングからユーザーリテラシーへの変革を目指して、コンサルティング、システム開発、教育事業を育成。海外IT事業の買収や米マイクロソフトの出資を経て、2000年に上場。Sonyとの合弁により、ITを超えて経営戦略の視点から日本企業のビジネスモデルを提案するジェンシス・コンサルティングを設立。代表取締役を兼任。2004年にCISとSonyの情報システム子会社が合併して、SGS(ソニーグローバルソリューションズ)が発足。初代の代表取締役兼CEOに就任。世界中のオペレーションに向けて、上流コンサルティングとBPRの強化、ITコストの削減、海外オフショアとデータセンター拠点の整備等に務める。SGSを退任後は、個人の立場で国内外の新進ベンチャーに出資・指導し、現在に至る。

小山 史夫<

顧問 小山 史夫

慶応義塾大学大学院商学研究科 修了。アーサー・アンダーセン(現アクセンチュア)入社。製造業本部に配属。大手電気・電子機械メーカーの情報システムの企画立案、設計、導入のコンサルティングを行う。特にグローバル・サプライ・チェーンの構築、並びに決算短縮(1ヶ月から3日)等のガバナンス改革に従事。国内の通信・ハイテク本部の統括パートナー、並びに日本法人の経営会議メンバーとして、経営体制の整備および事業拡大戦略に携わる。アクセンチュア本部のグローバル戦略メンバーに選任され、地域型組織構造から産業別組織構造への変革、それにともなうカルチャー変革のための戦略立案を行う。また、グローバルの通信・ハイテクグループの経営会議メンバーとして、世界の事業戦略、経営組織、パートナーの選出等に携わる。アクセンチュアを退任後、慶応義塾大学大学院商学研究科招聘教授として、グローバル経営管理を講義。また、(株)トード・エス・ポッシブレ・ジャパンを設立し、現在に至る。

下稲葉 耕治

顧問 下稲葉 耕治

東京大学法学部卒業。1977年 住友銀行(現・三井住友銀行)入社。本部にて人事部門、国際企画部門、MOF担に従事。英国に留学 (London School of Economics 経済学修士)。香港法人に赴任し、中国・アジア圏との親交を経る。東京中央法人営業二部(旧・住友銀行日本橋支店)長として、顧客法人と銀行との協働に尽力。本部で、新設の情報通信営業部長として、内外のIT業界との連携および支援業務を担う部門を立ち上げる。また、新設の品質管理部長として、BPRやCRM等の再構築に関わり、銀行の新しい業務および経営の有り方に携わる。2007年より日本総合研究所にて、現在常務執行役員として社長室と業務部門を担当、現在に至る。